名古屋市名東区猪子石にある歯医者 たかはた歯科『香流コミュニティセンター東』交差点すぐ近く

スタッフ紹介

STAFF

院長紹介

院長 高畑圭輔

こんにちは。たかはた歯科 院長の高畑圭輔です。
2012年に名古屋市名東区猪子石にて開業いたしました。当院では、色々な悩みや望みを抱いて来院される患者さんに、きちんと相談して納得の上で治療していきます。治療後も良い状態が5年・10年・20年と保てるよう、お手伝いさせて頂きたいと思っております。

また、外観から「高い治療しかやってないの?」と聞かれることもあるのですが、そんなことはありません。しっかりとメリット・デメリットをご説明した上で、ご希望の治療をしていきますので、安心してご来院ください。

その他、当日の朝に予約の空き状況をTwitterでご案内しておりますので、よろしければご覧ください。

東海中学、高校時代

親の薦めで、受験することにしました。本人はボーっとしていたので(笑)、親にお尻を叩きまくってもらって、何とか合格しました。入ってみると、本当に自由な学校でした。好きなことを勝手にドンドンやってよいという校風だったので、色んな凄いやつ、おもしろいやつがいました。

部活は、友達に誘われて水泳部に入部しました。ちょっと怖い先輩はいましたが、楽しく緩く、部活動をしていました。選手がいないから、という理由で背泳ぎをやっていました。

高校卒業からはまともに泳いでいないので、今子供とプールに行って昔のつもりで泳いでみると、溺れはしませんが、体が沈んでいきます・・・

勉強以外に学んだことも多く、物事の表面ではなく本質を見極めようとする姿勢が付いたことが、一番大きなことだったかもしれません。

大学受験~愛知学院大学入学

高校の時はそれなりに反抗期でした。実家も歯科医で、父方、母方からどちらから見ても3代目です。父や母は歯科医になれとは言いませんでしたが、何となく周囲からも歯科医になるんでしょ?という雰囲気は感じていました。

父や母を見ていて、(仕事の風景などを見ることはありませんでしたが)とてもやりがいのありそうな仕事だと感じておりましたので、歯科医の道を選びました。大学受験では色々挫折も覚えましたが、愛知学院大学歯学部に入学を決めました。

入学後、弓道部に入り(お酒が飲めないので、飲みの緩い部活にしました。)大学生活を楽しむようになっていきました。入学後のオリエンテーションで同じ班になった女の子が今の妻です。

正直、基礎の講義は退屈で、何のために覚えなければいけないのか、と文句をいいながら勉強していました。ですが、学年が上がっていくにつれて実習が入ってくるとそういった理論的なことはここにつながってくるのか、と理解できて徐々に楽しくなっていきました。

また、弓道にはどっぷりハマっていました。部活以外にもスポーツセンターの道場に通ったり、本を買って理論を学んだり。途中までは今一つでしたが、3年生のころから徐々に成績が上がってきて、ドンドン楽しくなっていきました。4年生の主将になったころにはそれなりに成績も残して、他の大学の友達ができたり、本当に楽しかったです。

この勉強と部活の経験を通して、基本や理論を理解していないと技術の向上も頭打ちになってしまうことを理解して日々心がけるようになったと思います。

卒業してからは道場が空いている時間に練習に行けないので全く弓をひいていませんが、もう一度やってみたいことの一つです。

卒業後

歯科医師としては、国家試験に合格してからは開業医に就職しました。
大学病院に残る友人も多かったのですが、私は大学病院に残ると遊んでしまうかもしれないと思ったので、自分の成長のため、自分を厳しい環境に追い込むために開業医での就職を決めました。

そこでは理想と現実の違い、自分の腕のなさへのいら立ちなどもあり、院長と衝突して退職したこともありました。

幸い、前勤務先のベル歯科の院長に拾っていただいて、温かく見守っていただき6年ほど勤めさせていただきました。

自分が院長の立場になって初めてわかることはたくさんあるのですが、よく見捨てずに雇い続けていただけたなぁ、と今から考えれば感謝しかありません。

勤務医時代から今現在もですが、色々な勉強会やセミナーに参加しています。それは、色んな考え方に触れて、最良の治療を患者さんに提供するためです。

多くのセミナーを参加し、色んな考え方に触れた上で、責任をもって患者さんに提供できるもの診療に取り入れています。患者さんに安心で効果の高い治療を提供するために日々研鑽に努めています。

現在診療において考えていること、心がけていること

① 患者さんの望みにできるだけ沿う、という事。

色んな望みを抱いて患者さんがお見えになります。歯科医学的に妥当かどうかという事もありますので、望みに沿えないような場合やリスクが大きそうな場合はしっかりと相談して納得の上で治療を受けていただきたいと考えています。歯科治療はどうしても一度治療に入ってしまうと元に戻すことができないことがほとんどです。
10年後、あの時ちゃんと治療しておいてよかったな、と感じていただくために、

② 当たり前のことをできるだけシンプルな形で効率よく実現できるように

そのため、レントゲンなどの資料を精査して、できるだけ回り道が内容に心がけています。少し説明や相談の時間がかかってしまうかもしれませんが、最終的にはそれが近道だと思っています。また、仕上がりはできるだけシンプルになるように心がけています。
その方が、毎日のお口のケアや必要があって再度治療が必要になった時に対応がしやすいと考えています。

③ 手の内に収まることにしか手を出さない。自分の治療技術の限界を超えることはしない。

自分なりに勉強、研鑽は積んできておりますが、苦手な分野や、手に余ることはどうしても出てきます。必要であればふさわしいと思われるところを紹介させていただいております。

以上のようなことを考えて日々診療に臨んでおります。
お口のことでお困りのことがあれば、名古屋市名東区猪子石の歯医者、たかはた歯科にご相談ください!

経歴Career
  • 昭和52年10月3日生まれ
  • 愛知県東海高校卒
  • 愛知学院大学歯学部卒
  • 卒後愛知県内歯科医院勤務
  • 瀬戸市ベル歯科勤務
受講セミナー等Seminer
  • 名古屋臨床歯周補綴コース受講
  • 歯周内科(生田セミナー、塚本セミナー)受講
  • カルシテックインプラントセミナー受講

副院長紹介

副院長 高畑春絵

こんにちは。
今まで歯科口腔外科分野で経験をつんでまいりました。
現在二児の母でもありますので診療時間は限られてしまいますが、これまでの経験を生かして診療に努めてまいります。よろしくお願いします。

略歴Career
  • 平成15年3月 愛知学院大学歯学部卒業
  • 平成16年3月 愛知学院大学歯学部臨床研修医修了
  • 平成16年4月 愛知学院大学歯学部歯科口腔外科第一講座専攻
  • 平成17年4月 大垣市民病院麻酔科勤務
  • 平成18年4月 公立陶生病院歯科口腔外科勤務
  • 平成20年10月 出産のため退職