名古屋市名東区猪子石にある歯医者 たかはた歯科『香流コミュニティセンター東』交差点すぐ近く

歯の豆知識

TIPS

虫歯になりやすい人、なりにくい人の違い

こんにちは。たかはた歯科 歯科衛生士の横井です(*^-^*)

 

以前と比べ新型コロナウイルスも少しずつ落ち着いてきて、日々の生活も取り戻しつつありますね。

 

 

さて、今回のテーマは『虫歯になりやすい人、なりにくい人の違い』です。

 

まず虫歯になってしまう3大要素があるのを皆さんご存じでしょうか。

 

それは「細菌」 「歯の質」 「食べ物」 が関係しています。

1つずつ理由と予防法をお話していきますね。

 

 

【細菌】

虫歯菌によって作られた酸によって歯のカルシウムが溶け出し、最終的に虫歯の穴を作ってしまいます。

虫歯は、虫歯菌による感染症です。

 

~予防法~

食べたら磨く、を意識してセルフケアを徹底しましょう。

また、歯ブラシだけでは100%磨くことは難しいとされています。補助清掃器具(歯間ブラシ、フロス、洗口剤など)を使い、歯ブラシで落としきれない汚れを除去していきましょう。

 

 

【食べ物】

食べ物に含まれている糖質(砂糖)は、虫歯菌が酸を作るの材料に使われます。

日頃から甘いものが好きでよく食べる方は特に注意が必要です。

 

~予防法~

お口の中になるべく糖質が残らないように、お菓子をなるべく控える、食事の時間を決める、食後の歯磨きを心掛けることが大切です。

 

 

【歯の質】

歯の生え方、歯の形などによって虫歯のリスクは変わってきます。

~予防法~

毎日のケアでフッ素が入っている歯磨剤に替えてみたり、歯科医院にてフッ素を用いたクリーニングを定期的に受診しましょう。

また、歯並びが悪い所は虫歯のリスクが高くなりますので、補助清掃器具を用いてのセルフケアをオススメします。当院のスタッフにご相談下さい。

 

 

次に、虫歯になりやすい人の特徴についてお話しています( ..)φ

 

・歯磨きをしない(回数が少ない)

 

・歯磨きが不十分(時間が短い)

 

・甘いものを好む

 

・歯並びが良くない

 

・被せ物が多い

 

 

1つでもチェックが付いた方は要注意です!!

 

 

 

虫歯菌は常にお口の中に存在しています。冒頭でもお伝えした通り、虫歯は細菌による感染症でもあります。

日々の生活習慣によって虫歯ができる、できないの差が生まれます。

 

特に自覚症状が無い虫歯は、ご自身でも分かりづらく気付いた時には既に進行していた、ということもしばしばあります。

 

そうならない為に…

 

特に気になることがない、しばらく歯医者でお口の中を診てもらってないな~、という方は定期的に歯科医院での検診を推奨します。

 

虫歯の大きさ・治療法については、1つ前の記事にてピックアップしていますので、是非そちらも一緒にご覧下さいね(*´▽`*)

 

 

では、次のブログもお楽しみに♪


  • 電話でのお問い合わせ
  • アクセス
  • WEB初診予約