名古屋市名東区猪子石にある歯医者 たかはた歯科『香流コミュニティセンター東』交差点すぐ近く

歯の豆知識

TIPS

新型コロナウイルス感染症対策について②

たかはた歯科、歯科衛生士の山下です(^_^)

前回の記事では、新型コロナウイルス感染症とは何か?について詳しくお伝えしましたが、今回は当院で実際に取り組んでいる新型コロナウイルス感染症対策について、詳しく更新しようと思います!

だんだん気候も暖かくなってきましたが、最近の話題は「新型コロナウイルス(COVID-19)」でもちきりですね。感染者の方が増えていくのをニュースで耳にすると、胸が痛くとても怖いなと感じさせられます。

普段は、スタンダードプリコーション(標準予防策)という、「感染症の有無に関わらず未知の感染症に対しても予防策を講じる」という考え方のもと、器具の洗浄・消毒・滅菌は必ず行っています。診療の基本セットは洗浄・消毒したのち個別にして患者さんごとに滅菌し、診療の直前に開封しています。コントラ・タービンなども患者さんごとに、専用の滅菌機にて滅菌しております。また、診療台も患者さんごとに消毒を行っています。

そして現在、これに加えて当医院で行っているコロナウイルスの予防対策です。

新型コロナウイルス予防対策

1.滅菌・消毒の徹底

これまで通りですが、消毒はこれまで以上に徹底しています。

2.グローブ・マスク・ゴーグル・フェイスシールドの着用

コロナの影響でグローブやマスクが品薄になっておりますが、当医院はまだ備蓄があります。加えて飛沫感染を防ぐためにゴーグルを着用し、自作のフェイスシールドを装着しております。

3.診療中の空気清浄

最近では、換気のため入り口のドア・窓を開けたままにしている医院やお店が多くありますが、当院では備え付け医療用清浄機の設置をしております。当院の場合は、医療用清浄機の効果維持のため、窓は閉めさせていただいておりますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。

4.アルコール消毒のお願い

新型コロナウイルスにアルコール消毒が有効とされておりますので、当院受付にアルコール消毒の設置をしております。ご来院の際にはアルコール消毒をお願いしております。

5.受付にビニールカーテンの設置

最近主にコンビニなどでよく目にするかと思いますが、患者さんとスタッフ双方の飛沫感染の予防でビニールカーテンを設置いたしました。

6.入口の玄関マットに次亜塩素酸水を浸潤

玄関マットに次亜塩素酸水を浸潤させることにより、靴の裏についているウイルスを消毒いたします。また、診療後には院内全体にも消毒のため用いております。

7.来院時の検温の徹底

来院時に検温をしていただいております。37.5℃の発熱や、だるさ・息苦しさ・風邪の諸症状のうちの一つでも該当する場合は受診を控えていただくようご案内しております。私たちスタッフも検温しております。

8.定期的な消毒拭き

ドアノブや待合室椅子など、不特定多数が触れる場所を1日に頻回、消毒拭きしております。

9.診察前の消毒うがい

診察を始める前に、ポピドンヨード液(イソジン)によるうがいをしていただいております。ヨードアレルギーのある方や味が苦手な方には、別の洗口薬もございますのでお声掛けください。

みなさんは普段、予防や自粛はされているでしょうか。

色々な報道により、歯科医院への来院も悩まれることでしょう。もちろん、私たちスタッフは、みなさま患者様自身のご判断にお任せしなければなりません。「自分は大丈夫」という慢心が感染拡大の原因の一つになります。ただ、愛知県歯科医師会を含む歯科医師会から、「歯科のメインテナンス等により口腔内環境を保つことで口からのウイルス感染を約10分の1に減らすことができる」ことや、「歯科治療中の方においては、ご自身の判断で治療を中断する前に1度かかりつけ歯科医に相談すること」など、緊急メッセージの提示もありました。

判断が難しい今、歯科医院への来院判断は特に難しいことでしょう。私個人としても、家族から「この時期の歯科医院への通院をどうしよう」と相談を受け悩みました。他の物事と同じように、歯科においても不要不急かどうかを見極めなければならないことを実感しました。

歯周病などの重症化予防のための定期管理は、全身状態にも影響します。特に糖尿病罹患者で歯周病治療のために通院中の方はご相談していただいたほうが良いでしょう。また、高齢者や特に介護施設や在宅等で、自己判断による口腔ケアの中断は、歯科口腔衛生状態の低下による誤嚥性肺炎の発症などが懸念されます。私は、個々で歯科においての不要不急かどうかの見極めは異なると思っています。

以上の内容により、今通院するかどうか悩まれている方のお力になれた記事であったら幸いです。来院された際には、感染予防対策をしっかり行いながら、しっかりと丁寧に診療させていただきます。

色々なことを我慢しなくてはならないこの状況は本当につらいですが、一日でも早い終息を願って乗り切りましょう。


  • 電話でのお問い合わせ
  • アクセス
  • WEB初診予約