名古屋市名東区猪子石にある歯医者 たかはた歯科『香流コミュニティセンター東』交差点すぐ近く

歯の豆知識

TIPS

歯周病治療

こんにちは。歯科衛生士の高桑です。

今、歯を失う原因の一位とされている歯周病。

そんな歯周病治療には、まず歯周基本治療が行われます。

 

どんなことをするの?

まずは原因であるプラーク(歯垢)を制御することが最も重要になります。

プラークコントロール(歯磨きの磨き残し)が不十分であれば、どんな処置を行っても効果は低下し失敗に終わってしまいます。

 

プラークコントロールを良くする為には、まずTBIを行います。

TBIとは歯磨き指導のことです。

歯周病は生活習慣に関連する事が多い為

歯磨き指導や生活指導に対して、患者さんの協力や行動によって変わってきます。

 

その後、歯垢が石灰化した歯石を除去します。

歯肉より上の見えている部分の歯石除去をスケーリングと言います。

歯石の表面はざらざらで、プラークが付着しやすいので

スケーリングを行うことでプラークコントロールがしやすくなります。

 

さらに、歯肉の下に歯石が隠れて付着している場合、SRP(スケーリング・ルートプレーング)と呼ばれる

歯根の表面の歯石や細菌を除去する治療が必要になることがあります。

SRPによって歯肉の炎症を改善させて、歯根表面へ歯肉をくっつけることができます。

 

プラークコントロール以外にも、様々な原因によって噛み合わせが崩れてしまい

一部の歯に過度な力が加わると歯周病が悪化しやすくなる為

咬合調整を行ったり、歯ぎしりや食いしばりの治療が必要なこともあります。

 

改善しない。その場合

歯周基本治療を行っても、残念ながら歯周ポケットが深いまま残っていたり

たびたび腫れてくるなど治りが悪い場合、歯周外科治療を行うことがあります。

先ほどお話しした歯周基本治療を行えば歯と歯肉はくっつき歯周ポケットは浅くすることができます。

歯周ポケットを浅くすることができますが、奥深く入り込んでしまったプラークや歯石は

外側から取り切れず残ってしまいます。

スケーリング・ルートプレーニングによって除去できるのは歯肉より下の部分5㎜ほどと考えます。

 

プラークや歯石を残してしまった場合、歯周病の改善を妨げたり

病状をさらに進行させてしまうことがあり、最悪の場合、歯を抜かなくてはいけないこともあります。

そうならない為、できる限りプラークや歯石を取り除くことができる歯周外科治療に移ることがあるのです。

 

歯周外科治療では、局部麻酔をし歯肉を切り開き

外側からでは届かなかった、深い歯周ポケットに残っているプラークや歯石を

直接目で確認して除去していきます。

その後歯周病の検査を行い。ポケットが改善していればメンテナンスに移行する流れになります。

 

歯周外科治療について少しお話しさせていただきましたが

処置を行ったからといって完全に回復するわけではありません。

最初にお話ししたように、患者さんの協力や行動によって変わってきてしまい

ブラッシングがしっかり行われないと悪化してしまうこともあります。

また、全身疾患や歯周病の進行度によっては歯周外科治療の処置を行えないこともあります。

 

最後に

当院では定期的なメンテナンスをすすめています!☆

わからないことや、気になることにも、しっかりと説明させていただきます!

ご質問等があれば、是非お聞きください。

 

少しでも皆様のお力になれるよう頑張ります!(^^)!


  • 電話でのお問い合わせ
  • アクセス
  • WEB初診予約