名古屋市名東区猪子石にある歯医者 たかはた歯科『香流コミュニティセンター東』交差点すぐ近く

歯の豆知識

TIPS

歯周基本検査、歯周精密検査について

こんにちは!たかはた歯科の横井です(*‘∀‘)

 

梅雨明けして、日に日に暑くなってきましたね(-_-;)

皆様も熱中症に気を付けてお過ごしくださいね。

 

歯周検査とは?

 

今回のテーマは、

『歯周基本検査、歯周精密検査』についてお話していきます!

 

私たちは、患者さんのお口の現状を知るために、初診や治療開始前、メインテナンス時に必ず『歯周検査』をします。

『歯周検査=歯周病の検査』といえば、想像がつきやすいかもしれませんね。

この検査をすることにより、歯科医師・歯科衛生士・患者さんで治療計画をたてることができます。

また、患者さんとの信頼関係を築くための大切な検査でもあります。

 

歯周基本検査、歯周精密基本

 

歯周検査は、大きく2つに分類されます。

①歯周基本検査

②歯周精密検査

 

検査の内容としては、このようになります。

①歯周基本検査

⑴歯周ポケット測定 1点法

⑵歯茎からの出血

⑶歯の揺れ

 

➁歯周精密検査

⑴歯周ポケット測定 4or6点法

⑵歯茎からの出血

⑶歯の揺れ

⑷プラークの付着状態

 

検査の内容としてはさほど変わりはありません。

歯周精密検査では、歯周ポケットを細かく把握したり、歯磨きの状態によってはプラーク(磨き残し)の付着状態を診ていったりと、歯周基本検査より更に詳しく検査していきます。

 

歯周検査の内容

 

では、1つずつご説明していきます。

 

⑴歯周ポケット測定

歯周ポケットとは、歯と歯茎の隙間の溝のことを言います。

歯周病が進行していくと、歯を支える骨が溶けていきその溝が深くなっていきます。

歯周ポケットの深さは歯周病の進行具合に比例しますので、歯周検査でまず初めに行っていきます。

歯周基本検査では、歯茎の最も深いところを1点だけ、

歯周精密検査では、歯茎の深さ4点or6点、を記録していきます。

 

⑵歯茎からの出血

同じ規格の器具と決められた力で、歯周ポケットを測定した際に、出血があるか診ていきます。

出血した場合は、歯茎が炎症を起こしているサインです。

 

⑶歯の揺れ

歯周病が進行して支える骨が溶けてくると、歯をしっかり支えられなくなるので、歯がぐらつきはじめます。

歯がどれぐらいの揺れなのか、0~3度の4段階で判断します。

0度・正常。揺れ0.2㎜以内(生理的動揺)

1度・軽度。左右に揺れ0.2~1.0㎜

2度・中度。左右前後に揺れ1.0~2.0㎜

3度・重度。左右前後に揺れ2.0㎜以上or垂直方向に沈む

 

⑷プラークの付着状態

所謂、磨き残しです。

プラークが歯の表面に付いたままになっていると、虫歯はもちろん、歯周病にもなってしまいます。

実際に見たり、触ってチェックするだけではなく、状態によってはプラークを染め出し液を使って、色を付けてはっきりわかりやすくすることもあります。

 

以上が、『歯周基本検査・歯周精密検査』についてでした!

 

まとめ

 

歯周病かどうかの判断は、これ以外にも、レントゲン写真撮影や嚙み合わせを追加して行うこともあります。

歯周検査は、「痛いから…」「検査したくない」とおっしゃられる方もいますが、触って痛いところは炎症を起こしている可能性が高いです。早期発見することで、簡単な治療で済むこともあります。

当院では、初診来院時や治療開始時、メインテナンス移行時、定期検診・メインテナンス毎に歯周検査を行っています。

お口の現状をしっかり把握するための大切な検査になりますので、ご協力お願い致します♪

 

歯周病についての記事はこちらです♪

https://takahatashika.com/blog/?p=138


  • 電話でのお問い合わせ
  • アクセス
  • WEB初診予約