名古屋市名東区猪子石にある歯医者 たかはた歯科『香流コミュニティセンター東』交差点すぐ近く

歯の豆知識

TIPS

子供の矯正治療について

こんにちは。たかはた歯科 院長の高畑です。

今回は、最近当院で力を入れている矯正治療に関して、特に子供の矯正治療についてお話していこうと思います。

 

そもそも、歯並びが悪くなってしまう原因って何でしょうか?

 

わかりやすいものとしては、指しゃぶりがあげられます。親指を咥えて吸っていると、上の前歯の裏側に外側に押す力がかかり、下の前歯には内側に押す力がかかります。また、あごの骨自体にも力がかかるので、上あごは前の方に成長する力(これくらいの時期に一番上あごは成長します。)を加速させます。ですので、自分の指でいわゆる出っ歯になるように矯正しているのと同じです。

 

また、よく相談を受けるのが下のあごが前に出てきてしまう受け口です。こちらに関しては、舌のポジション(位置)が大きく影響していると言われています。舌の先は、安静にしているときには上の前歯の裏側から少し離れたところに位置しているのが理想的なポジションで、唾液を飲み込んだりする時には上あごに舌がピタッと吸い付いて上方向の力をかけつつ唾液をのどの方に送っていくのが理想ですが、受け口の子供の中には下の前歯の裏に舌の先がついている子がいます。そうすると、唾液を飲み込むときに下の前歯を前に押してしまうのです。そうすると下のあごが前に出てしまい、上のあごが前に成長したいのに、上の前歯が下の前歯に抑え込まれてしまい充分に成長できず、身長が伸びる頃にはさらに下のあごがどんどん成長してしまいます。実際、僕自身もそうだったのかな、と思っていますが・・・

 

 

ところで矯正治療の目的って何でしょうか?

 

見た目の歯並びのきれいさを気にされる方も多いのですが、機能的に安定した噛み合わせを獲得することも大切です。また、きれいに並んでいることで、発音への好影響や清掃性の向上なども挙げられます。そして安定した噛み合わせが、長期にわたってよい状態を保てることにつながります。

 

 

子供の矯正治療はどのように行うか?

 

前述の歯並びが悪くなる原因の所でも触れましたが、歯の位置というのは、舌や頬、唇の筋肉から押されてあごの骨の範囲内で居心地の良い所に動いていきます。ですので、舌で歯を押してしまうような癖を持っていると、矯正治療が終わってもまた押される方向に動いていってしまいます。子供のころから矯正することのメリットの一つでもありますが、歯の位置が決まるとその位置に周りの筋肉がなじんでくれやすいので、後戻りが少ないと言われています。また、周りの筋肉の動かし方をトレーニングするMFT(Myofunctional Therapy)=口腔筋機能療法も重要です。主に子供向けですが、このMFTと取り外しのできるマウスピースを併用して治療を行うと結果が良いので、当院ではこの組み合わせで治療を進めていくことが多いです。この時期に矯正治療を行う大きな目的は、見た目の歯並びをきれいにすることより、永久歯がきれいに並ぶ土台を作ることだと考えています。これが子供の矯正治療(Ⅰ期治療)に当たります。長くなってしまったので、次回のブログで続きの話をしていきますね!


  • 電話でのお問い合わせ
  • アクセス
  • WEB初診予約