名古屋市名東区猪子石にある歯医者 たかはた歯科『香流コミュニティセンター東』交差点すぐ近く

歯の豆知識

TIPS

プロビジョナルレストレーションについて

おはようございます!たかはた歯科の小島です(*^^*)
みなさんプロビジョナルレストレーションという言葉を聞いたことはありますでしょうか。
私自身、歯医者で働くまでまったく聞いたことありませんでした。
しかし被せ物を作る時に必要なものですのでお話していきたいと思います!(^^)!

プロビジョナルレストレーションとは

虫歯を削り歯の形を整えた後、最終的に出来上がる被せ物などの補綴物が入るまでの間に装着する、仮歯のことです。
修正・削合を繰り返し行なえる事を前提に加工しやすいレジン樹脂を材料に作製します。
同じ意味で使用されるテンポラリークラウンは、単に見た目を補うもので、とりあえずでつけておくものです。
一方プロビジョナルレストレーションは、最終補綴物が入るまでに被せ物と残った歯の部分と歯茎の状態を整えたり、噛み合わせや周りの舌や頬の粘膜との調和までを目的とする1ランク上の仮歯と思っていただければと思います。
保険外の歯が値段が高いと言われる方もお見えになりますが、当院では保険外の被せ物の場合はこれは必須だと考えておりますので、値段に含まれております。
オーダーメイドで靴や服・アクセサリーを作るときに、細かい採寸や仮合わせをせずに見ただけで作ることはまずないと思います。

なぜプロビジョナルレストレーションが必要なのか

・1人1人噛み合わせや噛む強さが違うので選んでいただいた最終の被せ物を装着する前に、テスト的にダミーの役割を使うことで審美性・清掃性共に満足いく仕上がりを追及することができます。また、実際に口の中で使うことにより、診療室でわからない噛み合わせの干渉等のチェックができます。
・最終の被せ物は、基本的に一度形を作ってしまうと多少削る事は出来ても盛り足す事は出来ません。噛み合わせの調整の時に一度削ってしまうと、少し高さが足りなくなってしまった際には戻すことが出来ず、被せ物を作り直す事になってしまいお日にちをいただくことになります。しかしテスト用の仮歯であれば、レジン樹脂で作っていますのでもう一度高さを増やす事が出来ます。
テスト用の仮歯ならちょうど良い噛み合わせを調整して、歯の精度を高める事が出来ます。
・仮歯を使うとこにより、被せ物をつける前に最適な歯茎のラインをコントロールすることができます。歯茎のラインは歯周病に大きく関係します。最終被せ物を綺麗に覆う歯茎のラインを作る事が、被せ物をより長く使用する為の大きなポイントにもなります。
・歯の形は意外と個性に溢れているものです。また、大人になって何年も使っていればすり減って形は変わってきますので、模型の様な歯を作ってしまっても違和感が出てしまいます。この状態であれば、患者さんの要望にある程度沿った形に修正できます。
患者様からは、一時的にしか使わない被せ物(仮歯)と考えれば、あまり必要なく感じるかもしれませんがこのテスト装着期間中に行う調整内容がかなり大事になってきます。つけてみた時に、一度で合ってしまえば特に調節が必要がない場合もあります。

プロビジョナルレストレーションの役割

1. 歯髄、歯質の保護機能の回復
神経やエナメル質、象牙質、セメント質などの歯をつくっている成分を削ったままにしておくのではなく、仮歯をつけておくことで守っておくことができます。
2. 審美性の回復
歯がないままにしておくと話すときや笑った時に見た目が気になりますよね。そこを補う事ができます。
3. 歯の移動防止
歯は毎日少しずつ移動しています。すき間が開いていたり、歯がない状態を放置しておくと歯がずれてしまうこがあります。仮歯をつけておくことにより移動を防ぎます。
4. 土台の状態と削除量の確認
最終の被せ物をつける前に土台の形や歯を削った量が被せ物を作るのに十分な量か確認することができます。
5. 咬合の改善と安定
最終の被せ物をつける前に噛み合わせに問題がないかみておくことができます。
6. 咬合採得の指標
1人1人に合った違和感ない嚙み合わせを作ることができます。
7. 歯肉の状態回復
最終の被せ物をつける前に歯茎の炎症の改善をしておくことができます。
8. 清掃性の状態確認
歯ブラシが苦手な方や汚れが残りやすい方は、歯ブラシやフロス・歯間ブラシの使い方を見直しておくことも大事です。
9. 最終被せ物の決定
仮歯の状態で仮歯が欠けたり割れたりする方は被せ物の種類を変えた方が良いかもしれません。場合によっては当初被せ物の予定の変更を相談することもあります。

まとめ

今回プロビジョナルレストレーションについてお話してきました。
「早く歯を入れてほしい」という気持ちもあるかとは思いますが、相談したり調節しながらより長く持つもの・長く使っていく為には今の口の状態を確認しながら作っていくことが大切だと思っております。
何か疑問や不安ありましたらいつでもご相談下さい(^^)/

たかはた歯科HP


  • 電話でのお問い合わせ
  • アクセス
  • WEB初診予約