名古屋市名東区猪子石にある歯医者 たかはた歯科『香流コミュニティセンター東』交差点すぐ近く

歯の豆知識

TIPS

ジルコニア素材について

こんにちは! たかはた歯科の寺田です。
今回は補綴物の種類にあるジルコニアについてです(^^)

ジルコニアについて

ジルコニアは二酸化ジルコニウムと呼ばれ、「人工ダイヤモンド」ともいわれています。
人工ダイヤモンドといわれるように、歯科で使用されるジルコニアは、白く、硬く、歯と馴染むように柔軟性のある材料に改良されています。
日本では2005年に厚生労働省の認可を受け、今では幅広い歯科治療に使われるようになりました。

セラミックとジルコニアの違い

前回のブログに書きましたセラミックと、ジルコニアには大きな違いがあります。それは“強度”です。
セラミックは歯と同じぐらいの強度といわれておりますが、それに対してジルコニアはダイヤモンドに近い強度を誇っています
それゆえ、歯科の補綴物の中でも最も硬い材料で、割れたり欠けたりする可能性が低いです。
歯ぎしりや噛みしめがある方、強度が必要な奥歯の治療にはジルコニアが適しているといわれています。
また、セラミックでは厳しいブリッジ(両隣の歯を土台にして連続した被せ物)をジルコニアでは作ることができます。

 

ジルコニアのメリット・デメリット

⭐︎メリット
・割れにくく、欠けにくい
・金属アレルギーの心配がない
・色が白く透明感がある
・汚れがつきにくくまた虫歯になりにくい
・ほとんど変色しない
・強度があるため歯を削る範囲が少なくて済む

⭐︎デメリット
・極度の強い衝撃で割れることがある
・透明感がセラミックより少し劣る
・天然の歯より硬いため、噛み合わせる歯がすり減る可能性がある

 

補綴物の種類に限らず、歯ぎしりや食いしばりがある方は、マウスピースを使われるのがおすすめです。
マウスピースをすることで歯を守ることができ、詰め物や被せ物を保護する役割もあります。
また、マウスピースを入れることによって顎関節の保護もできます。

 

歯は虫歯になればなるほど削る範囲が大きくなり脆くなってしまいます。
詰め物や被せ物が割れたり欠けたりしたあと、治療のためにまた歯を削り、歯が割れたりしたときは最悪の場合、抜歯しないといけないこともあります。
長い目でみたとき、再治療をしない選択をされるのが自分の歯を守る選択にもなります

当院では様々な補綴物の種類がありますので、どんなものがあるかわからない方、話を聞いて補綴物を選択されたい方などはお気軽にご相談ください(^^)

補綴治療のお話


  • 電話でのお問い合わせ
  • アクセス
  • WEB初診予約