名古屋市名東区猪子石にある歯医者 たかはた歯科『香流コミュニティセンター東』交差点すぐ近く

歯の豆知識

TIPS

子供の虫歯と食育

こんにちは。

歯科衛生士の高桑です(‘ω’)

私には5歳と2歳の息子がいます。

そんな5歳の息子が大好きなお菓子はグミやラムネ。

そして2歳の息子は歯磨きが大嫌いです。

そんな息子たち、、、

親として気になることは【虫歯】です。

そこで今回は、子供の虫歯や食育について少しだけ書いていこうと思います。

少しでも参考になってくれれば良いなと思います(^^)

虫歯について

虫歯を起こすミュータンス菌・ソブリナス菌は

早くて生後3カ月で見つかるそうです。

そして、口の中の細菌のバランスは3歳ぐらいまでには決まります。

つまり、子供が小さなうちから気をつけることで

虫歯になるリスクは低くなるのです!

虫歯のかかりやすさは兄弟であっても全く違います。

たとえ、全く同じものを食べていても

なってしまう、全くならない。と、違ってきます。

 

虫歯のかかりやすさ、どうわかる?

虫歯のかかりやすさは、どうわかるのでしょうか?

それは、、、

・過去の虫歯の経験

・口の中の菌数

・唾液の量や性質

・飲食の嗜好と頻度

・歯磨き剤の利用の仕方

などを調べることでわかってきます。

 

お子様の【かかりやすさ】を知ることができれば

気を付け、改善することができます。

 

気をつけることは?

では、お家でいったいどんなことを気を付ければ良いのでしょうか?

検診の時によく質問がある内容に少し答えていこうと思います。

 

まず、赤ちゃんはいつから歯ブラシをしたら良いですか?

と質問があります。

基本的には歯が生えたら歯磨きをはじめて下さい。

最初はキレイに磨こうとする必要はありません。

お子様とのスキンシップとして毎日の習慣にしてもらうと良いと思います。

 

次に、おやつはどんなものが良いですか?という質問もよくあります。

虫歯になりやすいお菓子、なりにくいお菓子を

いくつか理由別に比較してみます。

 

☆なりやすい☆          ☆なりにくい☆

チョコ・グミ・乳酸飲料  ↔   おせんべい・クラッカー

(砂糖が多い)           (砂糖が少ない)

ケーキ・ドーナツ     ↔   果物・ナッツ類

(時間がかかる)          (すぐ食べ終わる)

ガム・キャラメル     ↔   ゼリー・プリン

(歯にくっつきやすい)       (歯にくっつきにくい)

 

などがあります。

間食は1日1回。

TVなどを見ながら!など、だらだらとながら食べはやめて

時間を決めて食べると良いと思います。

 

その他、キシリトールが虫歯の予防には効果があると言われています。

☆キシリトールの効果☆

・虫歯菌のエサにならない為、菌数が減り

それによって酸の発生が抑えられるので虫歯になりにくい

・歯の石灰化を促進し歯を丈夫にする

などがあります。

さらに、ガムを噛むことで唾液がたくさん出る為

歯に悪い酸性の環境を改善することもできます。

まだガムを食べることができないお子様は

キシリトール入りのタブレットやグミを食べるのも良いです。

できるだけ長くお口の中にあると効果的なので

タブレットなどはすぐに噛まずに、なめると良いと思います。

最後に

しかしあくまで予防であって、ならないわけではありません。

なにより大切なのは、お家での歯ブラシ、食生活なのです。

 

お菓子など、いつも我慢する必要はないと思います。

気を付けれることを少し考えながら

楽しいお菓子の時間、ご飯の時間を過ごしてもらいたいです!(^^)!

 

そして毎日の歯ブラシをしっかりと行いましょう!!★

 

https://takahatashika.com/

 


  • 電話でのお問い合わせ
  • アクセス
  • WEB初診予約