名古屋市名東区猪子石にある歯医者 たかはた歯科『香流コミュニティセンター東』交差点すぐ近く

歯の豆知識

TIPS

乳歯は抜けるから虫歯になってもいい?

みなさんこんにちは^ ^

たかはた歯科 歯科衛生士の大門です!

今回は「乳歯は抜けるから虫歯になってもいいの?」についてお話していこうと思います!

「乳歯が虫歯になっているかもしれないが、もうすぐ生え変わるし治療しなくてもいいのでは?」と思っている方も多いと思います。

しかし、虫歯を放置していると様々な悪影響がでてきます。

そもそも乳歯は永久歯と比べて酸に対して弱かったり、唾液を出す力がまだなかったり、虫歯になりやすいです。

お子さんの将来のためにも、しっかりとお口の中の環境をきれいに保つことが大切です!

では、実際にどのような悪影響が生じるのかお話していこうと思います^ ^

 

悪影響①   顎の成長を妨げる

顎を成長させるためには、しっかりよく噛んで食べることが大切です。

しかし、乳歯が虫歯になり、痛みが生じると上手く噛めなくなり顎の発達に悪影響を及ぼします。

 

悪影響②   永久歯も虫歯になりやすくなる

乳歯の虫歯が進行し歯の根っこにまで達すると、顎の中で発育中の永久歯の歯の質が弱くなったり、歯が変色して生えてくる 等の悪影響を及ぼします。

また、虫歯を放置していると、お口の中で虫歯菌が増えて今後虫歯になるリスクがが高くなってしまいます。生えたての永久歯は1年くらいが特に虫歯になりやすいと言われています。

 

悪影響③    偏食になりやすくなる

乳歯が虫歯になってしまい痛みがでることで、食欲が減ったり、噛みにくくなり固い食べ物を避けやわらかいものを好むようになり、栄養バランスが偏る原因になってしまう場合もあります。また、噛んで物を小さくするのに時間がかかってしまうため、食事の時間が長くなってしまう事も考えられます。

 

悪影響④    歯並びが悪くなる

乳歯が虫歯になり、早期に歯が無くなってしまうと、両隣の歯が傾いてしまい永久歯の生えてくるスペースが確保できなくなり歯並びが悪くなってしまいます。一般的に乳歯より永久歯の方が大きいことが多いため、スペースが小さくなればより並びきらない可能性が高いですね。

 

では虫歯にならないためにはどうしたらいいのでしょうか?

食生活を見直す

砂糖の摂取量と虫歯の多さはキレイに比例しています。

特に甘いものを日常的にダラダラ食べていたりすると、どれだけ歯磨きを頑張っていても追いつきません。たまには良いかもしれませんが・・・

定期的に歯科医院を受診する

歯科医院でお口の状態をチェックしてもらいましょう。

学校の検診で何も言われなかった、と安心してしまう方もみえますが、小さい虫歯は学校検診レベルでは見つからない事も多々あります。

場合によってはレントゲンなどを併用してしっかり診査しましょう。

フッ素を定期的に塗布する

過信してはいけませんが、フッ素を塗布して歯の質を強くし、虫歯を予防していきましょう。また、フッ素には虫歯菌の発育を抑制する効果もあります。フッ素のデメリットなどを気にされる方もみえますが、現在の考え方では、適度な濃度で適量の使用は確実に虫歯予防に効果があります。

正しい歯磨きを行う

虫歯を予防するためには、毎日の歯磨きが重要です。

小さなお子さんだと、一人では十分に磨けなかったり、歯の生え変わりの時期は、歯がグラグラして磨きにくかったりするので、保護者の方の仕上げ磨きが大切になります。

 

当院では歯磨き指導も行っていますので、磨きにくいところなどありましたら是非ご相談ください(*^^*)

 

 

乳歯の虫歯を放置したままにしてしまうと、永久歯にさまざまな悪影響をもたらしてしまいます。早期発見・早期治療、また虫歯を予防する為にも定期的に歯科医院を受診するようにしましょう。

歯の健康は全身の健康にも繋がります。

何か気になることや、ご不明な点がある場合ぜひお気軽にご相談ください♪


  • 電話でのお問い合わせ
  • アクセス
  • WEB初診予約