名古屋市名東区猪子石にある歯医者 たかはた歯科『香流コミュニティセンター東』交差点すぐ近く

歯の豆知識

TIPS

虫歯治療にかかる期間、費用について

こんにちは! たかはた歯科の寺田です(^^)
今回は「虫歯治療にかかる期間、費用」についてお話します。
虫歯の大きさや治療法については過去のブログにありますので、参考にしてください!
なお、費用の目安は負担金の割合が3割の場合です。

★CO

治療はせずに経過観察になることが多いです。一年後にC1に進んでしまう確率は30%というデータもありますので、油断は禁物です。

★C1

虫歯の部分を削りCR(歯科用プラスチック)を埋める治療になります。

期間:1日(1回)
費用:約1500〜3000円(保険適用)

★C2

虫歯の部分を削り、前歯や浅い虫歯、歯茎の付け根の虫歯はCR等で詰めて様子を見ることが多いです。
虫歯の歯と歯の間や、噛む面の深い虫歯の場合は型を取り、硬い詰め物を作り、削った部分に後日装着することもあります。
詰め物を作るには型取りをしないといけないため、詰め物が完成するまでに時間がかかります。
詰め物にはさまざまな種類があり、保険適用だといわゆる銀歯になることが多いです。
自費診療では患者さん自身が素材を選ぶことができ、より審美性や耐久性、安全性を重視したい方はこちらの選択肢もあります。
例えば…ゴールド(耐久性No.1)
セラミック(自然で透明感のある白色) など

〈詰め物をする場合〉
期間:約1〜2週間(2.3回)
費用:約2000〜10000円(保険適用)
約30000〜60000円(自費診療)

★C3

虫歯が神経にまで進行し、神経を取る治療(根管治療)が必要です。
根管治療は何回か行う必要があり、時間がかかります。
が、治療を途中で止めてしまうと再度根管治療が必要になってしまったり、最悪の場合は抜歯する可能性もあります。
根管治療が終わったあとは土台を作り、その上に被せ物を作ります。
土台と被せ物は素材や工程の違いで、保険診療か自費診療かが選択できます。。
保険適用だとCAD/CAM冠(白い被せ物)、銀歯になります。
自費診療では詰め物と同様に選択肢がいくつかあります。
例えば…ジルコニアセラミック(自然な白色で耐久性に優れている)
オールセラミック(自然で透明感のある白色) など

〈根管治療〉
期間:約2〜3週間(2.3回)
費用:約3000〜7000円

〈被せ物をする場合〉
期間:約2〜3週間(2.3回)
費用:約7000〜20000円(保険適用)
約10000〜150000円(自費診療)

★C4

歯の上部が完全に無くなってしまった状態になると神経も壊死してしまい痛みも感じなくなっています。そのままにしておくと、この歯が感染源となって周囲の歯に悪影響を及ぼす可能性があります。

基本的にこの状態になると歯を抜き、そこを埋める処置になります。
歯のないところを埋める処置として、入れ歯、ブリッジ、インプラントの選択肢になります。
入れ歯とブリッジは保険適用、自費診療を選べますがインプラントは自費診療のみです。

〈抜歯の場合〉
期間:1日(1回)
費用:約1000〜3000円(保険適用)

 

その後の処置は方法や素材、骨の状態などで大きく変わりますので、個別にご相談ください。

虫歯治療は症状が進行するにつれ治す期間、費用がかかります。
また、どれだけきちんと治したとしても全く削っていない天然の状態が一番ですので、できるだけ虫歯ができないようにしていきましょう!
定期検診に通うことで虫歯を早期発見でき、治療も早い段階で手をつけることができます。
またお家のお手入れをきちんとした上で、歯科医院でメンテナンスをすることでより健康なお口を維持できますよ(^^)

虫歯治療の期間、費用は個人差がありますのでわからないことがありましたらお気軽にご相談ください!

次のブログもお楽しみに(^^)

 


  • 電話でのお問い合わせ
  • アクセス
  • WEB初診予約