名古屋市名東区猪子石にある歯医者 たかはた歯科『香流コミュニティセンター東』交差点すぐ近く

歯の豆知識

TIPS

神経を取る治療をしているのに痛くなるのはなぜ?

こんにちは!たかはた歯科の小島です

今回の内容は「神経を取る治療をしているのに痛くなるのはなぜなのか」についてお話していこうと思います。

まずなぜ神経を取らないといけないかという原因ですが、

1、虫歯

歯が進んでしまいズキズキ痛みが出てくる場合、神経にバイ菌が感染することにより痛みが出ます。そうなると神経を取らないといけません。痛みが出なくても神経の近くを治療することにより神経が炎症を起こして痛みが出れば、神経を取らないといけません。その痛みは1週間や数か月遅れて出てくることもあります。神経を取る原因で一番多いのは虫歯です。

2、かみ合わせ

過度な力がかかることで神経が死んでしまうことがあります。痛みを伴わない場合があるので要注意です。

3、ぶつけたなどの外傷

歯をぶつけて、数か月後前歯が黒くなったりしたら神経が死んでしまった可能性が高いです。

このような原因から歯の神経を抜く処置のことを抜髄(ばつずい)と言います。抜髄の後、神経が収まっていた根管内をきれいにお掃除する「根管治療」へと進んでいきます。この根管治療では、治療中や治療後に痛みを感じることもあります。

根管治療とは、歯の根っこの内部にある「根管(こんかん)」と呼ばれる管をきれいにお掃除する歯科処置です。根管内には元々、歯の神経や血管で構成される「歯髄(しずい)」が存在しており、外からの刺激を完治したり、歯に対して栄養を供給したりしています。虫歯によって侵された歯髄は、感染源でしかないので、きれいに取り除く必要があります。それらを「ファイル」という器具を使って除去し、洗浄・消毒するのが根管治療の主な目的です。

根管治療では、基本的に痛みを感じることはありません。なぜなら、痛みを感じとる神経を事前に抜いているからです。けれども、痛みの感じ方には個人差があります。また、施術の方法によっては、歯の根っこの先や骨に刺激が加わり、強い痛みを伴うこともあります。そんなときは遠慮せずに痛みがあることを伝え、適切な対応をとってもらうことが大切です。

根管治療中や治療後に、痛みなどの症状が生じるケースは意外に多いです。「神経がないのになぜ痛みを感じるの?」と疑問に思われることでしょう。実はさまざまな原因から根管治療に痛みを伴うことがあります。

1、【根管治療中の痛み】神経の取り残しがある

根管内というのは、とても細くて複雑な構造をしています。そのため、歯の神経をきれいに取り除けないことも十分ありえます。そうして残存した一部の神経が根管治療中に刺激され、痛みを生じることがあります。

2、【麻酔が切れた後の痛み】施術時の強い刺激

歯の神経を抜く際には麻酔が効いているため、痛みを感じることがありません。けれども麻酔が切れると、施術の際に加わった刺激によって強い痛みが現れてくることがあります。

3、【根管治療を受けた後の痛み】歯根膜に炎症が起きている

歯根膜(しこんまく)とは、歯の根っこと歯槽骨との間に存在する膜のような組織です。食べ物の硬さなどを感知したり、歯にかかる刺激を緩和したりするなどの役割を担っています。そんな歯根膜に炎症が起きている場合は、根管治療後に痛みを感じることがあります。

4、【治療期間中の痛み】根管内に膿がたまっている

根管治療は、数週間から数ヵ月に及ぶことも多々あります。根管内を清掃して、仮の詰め物を入れて経過を見ていくという処置を繰り返していきます。その間、歯に痛みが生じたり、歯茎が腫れたりした場合は、根管内や根管の先に膿がたまっている可能性が考えられます。

5、【根管治療終了後の痛み】薬剤を詰めた時の圧力

根管治療が完了し、根管内に薬剤を詰める「根管充填(こんかんじゅうてん)」後に痛みが生じることもあります。これは薬剤を詰めた時の圧力が原因として考えられます。根管充填では、根管内に薬剤を密に詰め込みます。これは治療後の再感染を防ぐために必要な処置です。

このように、根管治療中や治療後には、いろいろな原因から痛みが生じることがありますので、まずは相談して下さい。

それぞれに対処法が用意されていますので、我慢せず痛みがあることを伝えて下さい。

わかりづらいことが多いと思いますので疑問に思うことありましたらお気軽にご相談下さい!


  • 電話でのお問い合わせ
  • アクセス
  • WEB初診予約