名古屋市名東区猪子石にある歯医者 たかはた歯科『香流コミュニティセンター東』交差点すぐ近く

歯の豆知識

TIPS

普通の人ってどれくらい虫歯があるの?

こんにちは。歯科衛生士の山下です。

 

みなさんは普通の人がどれだけ虫歯があるか考えたことはありますか?

 

虫歯は歯の病気の中でも知らない人はいない病気だと思います。

一度虫歯になってしまうと、歯を削る、最悪の場合は抜かないといけなくなってしまいます。

削った歯、抜いた歯はもう戻ってきません。大切なことは虫歯にならないようにするということです。

 

1989年(平成元年)から8020運動が始まりました。

これは「80歳で20本以上、自分の歯を残し、なんでもよく噛める快適な状態に保とう」という運動です。
最低でも20本以上の機能する歯があれば、大抵の食べ物は噛みくだくことができ、食生活にほぼ満足することができると言われています。

 

始まった当初の達成率は非常に低く、80歳で残された歯の平均は5本程度、20本以上の方は7%程度でした。

これは90%人が虫歯や歯周病により歯が抜けてしまい、歯が5本程度しか残っていないということです。

 

しかし、その後8020運動の積極的な活動もあり、現在では2人に1人程度の割合で達成することが出来ています。

 

8020運動を達成する為には普段の歯磨きだけではなく、歯と歯の間をデンタルフロス等で汚れを取る事が非常に効果的です。

歯医者さんで指導してくれますし、歯医者さんに行けば歯石除去等含めて普段の歯磨きでは取り切れない汚れも取ってくれます。

 

生涯に渡って自身の歯でものを食べる事が出来るというのはとても重要な事で、寿命にも密接に関わる要素と言えますし、若い時から歯医者に定期的に通ってメインテナンスしてもらう事が非常に重要であり、虫歯や歯周病等を治すためではなく、ならないために定期的に歯のメインテナンスに行く事はとっても大切です。

 

たかはた歯科では予防歯科にも力を注いでおり、8020はもちろんですが、28本の歯を残していただくことを目標に口腔内の健康を保つ為に様々なケアを行っています。

 

1ヶ月〜3ヶ月に一度の頻度でたかはた歯科にご来院いただければ、定期健診やプラーク染め出しで磨き残しを実感したり、ブラッシングの指導やフッ素塗布、噛み合わせチェックと色々な方法で予防可能になります。

また、もし虫歯になってしまっても早期発見早期治療ができます。

 

どうしても毎日の歯磨きでは取り切れない歯垢が出てきますから、こうした専門知識や技術力を持った所で任せると高齢になっても健康な歯を維持する事が可能です。

 

こうしてご自身の歯をより多く残していただければ噛む力を維持することができ、脳にも良く、認知症の予防にも繋がり、美味しく食事を出来る事によって生活の質も高まり、リラックス効果も高いです。

 

是非、メインテナンスに継続的に通っていただき患者様とご一緒にご自身の歯を28本残すこと目標にし、お身体の健康維持のお手伝いもできればと思っております。


  • 電話でのお問い合わせ
  • アクセス
  • WEB初診予約